夏に向けて綺麗に痩せる!ダイエットを始めるために知っておきたい基本知識

このサイトでは、綺麗に痩せるためのダイエットの基本知識を紹介しています。
綺麗に痩せるためには、摂取カロリーを少なくして基礎代謝以上のカロリーを消費する必要があります。
運動でカロリーを消費すれば自然に痩せやすい体を作ることができるのと同時に、引き締まったボディラインを作ることが可能です。
ただし、カロリーを極端に減らすとリバウンドのリスクがあるため、低カロリーでも栄養の摂れる食事を意識することがポイントとなります。

夏に向けて綺麗に痩せる!ダイエットを始めるために知っておきたい基本知識

綺麗に痩せるためには、ダイエットの基本知識を身につけることが大切です。
ダイエットの基本として挙げられるのが、基礎代謝以上のカロリーを消費するということです。
摂取カロリーを少なくして、運動でカロリーを消費することで自然に痩せやすい体を作ることができます。
運動することで脂肪燃焼などをすることができる上、筋肉をつければ引き締まったボディラインを作れます。
ただし、カロリーを極端に減らすとリバウンドのリスクがあるため、脂肪燃焼効果やデトックス効果のある食材などを取り入れながらしっかり栄養の摂れる低カロリーな食事をすることがポイントです。

ダイエットにジムは必要?痩せるために運動が必要な理由

ダイエットには様々な種類があり、一番多く行われているのが食事制限です。
ですが食事制限はリバウンドを起こしやすく、肌荒れや便秘など体にも影響を及ぼす可能性があるため、意外と上級者向けになります。
筋肉量が減少することで代謝が悪くなり、逆に太りやすい体質へと変化してしまうので注意しなくてはなりません。
ダイエットの効果をしっかりと得るには運動が必要となります。
一般的に有酸素運動であるジョギングや水泳、ウォーキングやヨガと筋トレを組み合わせることが多いのですが、実はどれが良いかは人によって異なります。
筋肉と代謝の維持、消費エネルギーの増加とボディメイクが痩せるためには必要であり、自分に合った方法を見つけるにはジムなどダイエットに専門的な知識がある場所に通ったほうが無難です。
特にボディメイクは正しい方法で行わないと筋肉ばかりがついてしまい、しなやかで柔らかなボディを作ることはできません。
回数や量などをアドバイスしてもらえるジムは、全身を綺麗に保つために必要と言えます。

ダイエットに効果のある運動方法を紹介!

ダイエットに取り組もうとしたときに摂取エネルギー量を抑える食事制限が真っ先に思い浮かびがちですが、消費エネルギー量を増やす運動をメインに考えた方が効率的で前向きで健康的です。
体を動かせば発汗が促されデトックスにもなりますし、筋トレで筋力強化を図れば基礎代謝量が増えて脂肪が蓄積されにくい痩せやすい体質に生まれ変われます。
有酸素運動は脂肪燃焼効果がもたらされ皮下脂肪も内臓脂肪も確実に減りますし、目に見えてボディラインが変化していくのでモチベーションも自ずと向上します。
ダイエットに効果的な運動方法についてですが、継続的に行える有酸素運動でありながらハムストリングスや股関節周囲筋や大殿筋の筋トレにもなる踏み台昇降運動、体質改善や姿勢矯正や精神統一や可動域拡大や筋肉増強やデトックスなど嬉しい効果が満載のホットヨガ、シンプルでありながら実は様々な運動が網羅されていて短時間で効率的に全身運動が出来るラジオ体操などがあります。

ダイエットのために必要な1日の運動量はどれくらい?

ダイエットには運動が必要と言われていますが、実際どの程度運動をしたら良いのか、どのような方法を取り入れたほうが良いのかわからないことが多いです。
ダイエットは体脂肪を減らし美しいボディラインを作るために行いますが、体脂肪を減らすには有酸素運動が効果的です。
有酸素運動はウォーキングやジョギング、スイミングやサイクリングなどが該当し、酸素と脂肪、そして血糖を使うことから脂肪を燃やし、血中の中性脂肪やコレステロールを減らすことができます。
毎日継続して行うのが基本ですが、できない場合は1週間のうちで3日、30分ほどの運動量で有酸素運動を取り入れてみてください。
なお有酸素運動だけでは基礎代謝を高めることはできません。
しっかりと基礎代謝を高めるには筋トレも大切になります。
筋トレはスクワットなど体に負担のないものから行いますが、有酸素運動の前に行うのがポイントです。
1回10分程度の運動量で1日3回、行うようにします。

運動するのにNGな時間があるって本当?ダイエットをする適切な時間について

ダイエットをする上で欠かせないのが運動です。
健康のために毎日体を動かし続けたいものですが、忙しい現代人にとってそれはなかなか難しいものです。
せっかく運動をするなら効率良くやりたい!という方も多いのではないでしょうか。
そこで出てくるのが、運動するのに適切な時間があるのかどうかという疑問です。
せっかく体を動かすなら効果のある時に行いたいというのが本音です。
実際、最適な時間というものがあります。
それが早朝、または夕方です。
早朝に運動を行うことで、副交感神経から交感神経が優位になり、脳が活性化することによって、1日活発に過ごすことができます。
また夕方は代謝が良くなっているため、1日の中でも脂肪燃焼効果が特にあります。
逆に食前と食後、就寝前は運動に適していません。
交感神経が優位になってしまうことで消化不良になってしまったり、寝不足になってしまう危険性があります。
適切な時に体を動かし、ダイエット効果を最大限得ましょう。

著者:小河静枝

筆者プロフィール

東京都目黒区生まれ。
昨年自分の結婚式に向けて10kgのダイエットに成功!自分の経験を基に、ダイエットに関する記事を書きました。
自由が丘でダイエット